看護師の仕事が激務になる理由

病院で働く看護師は激務になることが多いものの、その理由はただ仕事の量が多いからだと安直に理解してしまわない方が良いでしょう。
社会的な問題としても捉えられているのには理由があり、医療の担い手としての看護師の人材が不足しているのは病院での仕事を忙しくしている原因です。
人が足りていないと必然的に医療の質も低下してしまうリスクがあるため、社会的にも問題として取り上げられています。
しかし、現実的には資格を持っている人は大勢いて、その人たちを職場に引き出すことができれば激務は緩和されるでしょう。

毎年退職する人もいますが、新たに資格を取得する人も多いため、人材は増やしていけるはずなのです。
それが簡単に実現できないのは病院などの施設側の予算が不足しているという事実も影響しています。
人を一人雇うためには年間数百万円という費用が必要になるため、それだけの予算を確保しなければなりません。
医療制度によって得られる収入は限られてしまっていることから安易に人材を増やすことができない状況に陥っている場合も多いのです。

どうしても人材が足りないときにも給料を上げるという措置を取ることは難しく、人材不足のまま現場が動いているのが一般的であり、結果として激務になってしまっています。
人材と予算の問題は同時に解決しなければならない重要課題であり、看護師が働きやすくするためには積極的な取り組みを行っていかなければならない点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です