医療業界における看護師の激務事情

医療業界に置ける看護師の激務の実情は職場選びの影響が大きいので注意しましょう。
一般的には病院では勤務条件が厳しくなっていて思うように休暇がもらえず、残業も多くて夜勤もあると言われています。
一方で、クリニックでは定められた勤務時間に従って働きやすく、残業が比較的少なくて夜勤もないとされているでしょう。

確かにそのような全体的な傾向はありますが、個々に事情は異なるため一概には言えません。
病院でも定められた勤務時間で働ける職場もあれば、残業や時間外労働に追われるクリニックもあるからです。
ただ、念頭に置いておくと良いのが診療科による違いであり、科が同じなら似たような傾向があります。

病院での夜勤の必要性という観点からも救急外来に勤めていれば多くなりますが、手術室や検査室に勤務していると滅多にはない現場がほとんどです。
残業についても病院であったとしても診療科による傾向があり、想定外のことが起こりにくい療養型病棟の管理が多い診療科では急性期が多い科に比べると残業が少なめになります。
クリニックでも顧客獲得競争がある美容外科や美容皮膚科、歯科などでは残業に追われる現場も多く、一般的な考え方が当てはまらないことはよくあるのです。

医療業界における激務の傾向の違いを理解する上では診療科に注目することも欠かせません。
自分が看護師として何に携わりたいかを考えると同時に仕事の実態についても科ごとに調べておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です