激務を乗り切るために必要なこと

看護師の職は病気や怪我をした人の助けとなる、役に立つ、医療の発展にも関われる魅力的なものです。
しかしながら看護というのは時に肉体労働に等しい負担があり、患者の命やこの先の人生にも影響があるので精神面でのストレスも大きくなるでしょう。

特に急病人や怪我人が運ばれてくる急性期病院で働くのは大変で、激務といっても過言ではありません。
それゆえ人によっては働き続けるのが難しい人も出てきて、そういった時には同じ病院でも慢性期病院での勤務がおすすめです。
こちらは長期入院者が多くなり、仕事内容がルーティーンと化すのでそれほど厳しさはなく、時間通りの勤務となりプライベートの時間もしっかりと確保できます。

同じ看護師として勤めても職場によって状況が大きく変わり、勤務先としては病院だけではなく学校や企業の医務室、高齢者用の施設なども考えられるでしょう。
自分がどのようにして働きたいのかを考えて選べますので、激務が嫌だという場合は急性期病院を避けるのも解決策の一つです。

しかしスキルアップのためには多くの症状を見る必要もあり、その時には身体疲労やストレスの解消法を知っておくといいかもしれません。
大切なのは可能な限り規則正しい生活をして、休みの日にはストレス解消をするのが良く、しっかりと対応することで持続が可能になります。
自分なりの解消方法を確立しておくと、大変な激務でも耐えられるようになるので、見つけておくといいでしょう。
今一度、激務をこなすことでどんな影響が自分自身にあるか、今の自分は当てはまっていないかここを見て向き合って欲しいです:http://kangoshi-gekimu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です